情報あっとランダム
東南アジア
99年1月分

情:旅行情報

話:おもしろ情報/失敗談

意:オピニオン

伝:メッセージ

?:質問/:回答

他メディアより

自己体験

伝聞

99.1.31: tsutom shimojo(tsutom_jo@hotmail.com
アジアの自転車旅行
自転車でオーストラリアを旅してきました。東南アジアと南アメリカへ行こうと思っています。安全情報を教えて下さい。

編集部より
東南アジアは、一般的に言って安全といえます。アジアはどこに行っても人の「目」があり、その目の中で旅行者を襲うのは非常に難しい事です。アジアで気を付けなければいけないのは、「詐欺」と「かっぱらい」です。宝石詐欺とギャンブル詐欺が一番多いですね。宝石には絶対手を出さない事が賢明です。 その他、妹が今度日本へ行くので話しをして欲しいといって近づき、自分の家へ招待し、ギャンブルをさせて金を巻き上げるというタイブです。
インドネシアでは多少違います。こそ泥やバイクで後ろから近づきバックなどをひったくるものです。自転車で旅をしているとの事で、これは気を付けなけばいけないでしょう。南アメリカでは強盗が多くなります。 ガンやナイフでの強盗がままあり、かなり注意する事が必要となります。自転車も簡単に盗まれる事があります。かならず宿の中へ入れる事をオススメします。

99.1.27: Sakamoto

ドンムアン空港近くのホテルの情報
UA,NWの成田行きはam6:00-7:00台の出発のため、早朝に空港に着く必要があります。これらの便だが、空港には泊りたくないという人にはぴったりだと思います。
DONMUANG MANSION: 118/7Saranakom Road,
Donmuang District, Bangkok 10210, TEL:566-3023-30
FAX:566-3514, E-mail: manshion@cs.co.th
f:sd B250, A/C:sd B600, デラックス:sd B800
ファンの部屋でもシャワー、トイレ、テレビ、タオル、石鹸、電話あり。部屋は新しく広くとてもきれい。小さなバルコニーあり。レセプション(24時間人がいる)の前には清潔なロビーがあり新聞が読める。ヌードル他の食べ物屋は近くに何件もあり、コンビニも歩いて1分でとても便利。
空港から陸橋を渡った反対側でバイタクを拾うとB10で行ってくれる。空港へは、ホテルの目の前に(早朝でも)バイタクがいてやはりB10で陸橋のところまで行ってくれる。
徒歩での行き方:歩いても15分位。
空港からの陸橋を渡ったら、お寺沿いに右(北、アユタヤ方面に向いて)に歩き、一つ目(アマリエアポートホテルへ行く陸橋と接続されている陸橋を渡った場合)のT字路(ソンテウの乗り場あり)を左へ曲がる。途中小さな川を渡りしばらく行くと右手にセブンイレブンがあるのでそこを右折。まっすぐ行くと、今度は左手に別のセブンイレブンがあるので、そこで右折(この道の入り口にホテルの看板あり)して2ブロックめ。

僕は今回NW利用だったため、帰りは早朝の出発便でした。
エアバス、鉄道はまだ走っていない。カオサンにいてもミニバスもまだ。市バスは時間が当てにならない。タクシーは高いし。空港に泊るには疲れすぎ。という状態で、いつもなら空港で我慢するところでしたが、宿を捜してみました。
女性団体?が運営するWE‐TRAINというホテルもあるようですが、空港から何キロもあるようだったので、バイタクでこのホテルを見つけました。ファンの部屋は 場所と、部屋のグレードを考えると 、本当に、信じられないくらいに格安です。


99.1.25: NHK BS
ミャンマー
ミャンマーの首都ヤンゴンにある、世界最大のパゴダのシュエディゴンパゴダは現在修復中でホロが掛けられています。去年の調査時に尋ねたのですが、何ら問題はありませんでしたが、ミャンマー人は改修したいのでしょうね。金色のパゴダは見れませんが、その大きさは体験できますよ。外国人は入場料が必要ですが、朝7時前は係官はいません。

99.1.13: 森川 佳央里(kaori11@mail7.dddd.ne.jp)
マレーシア
マレーシアに3月の初めぐらいに行きます。
とっても楽しみです。
でも、暴動が・・・・(汗)
編集部より
マレーシアの暴動は暴動のうちにはいりません。ほとんど大丈夫ですよ。

98.1.21: Gabi Miller (gmiller@motor-presse-stuttgart.de)
ミャンマーの国境が開いた!!!
ミャンマーには公式の入国ポイントがないというのはうそです。ドイツの旅行雑誌 "Reise & Preise" が今週発表したところミャンマー - タイ国境 Kawthaungで入国が可能になりました。これはミャンマー大使館員から確認をとってあります。入国地点の名前はビザにも付け加えられます。関連記事が下記のサイトにあり。
(See also www.lonelyplanet.de/Myanmar/
travellers reports)

98.1.5: 須藤
中国/香港/マカオ
財布を中国で無くし、VISAカードのサービスセンターの電話番号がわからず困った
ITIS Travelersにキャッシュカードのサービスセンターの電話番号やもしものトラブル対処法などがあったら 嬉しかった。(地球の歩き方 香港編にはもしものトラブル対処法があるが中国南部 広州編にはなっかたので苦労した。
ちなみに中国では公安、中級ホテル、高級レストランで英語はまったく通じません!)
マカオで中国ビザの即日発行はできませんでした(もちろん朝一でいきました)
マカオのマフィア抗争は治まっていません。香港,マカオでは毎日銃撃戦のニュース
が新聞やテレビで報道されています。