情報あっとランダム
東南アジア
98年9月分

情:旅行情報

話:おもしろ情報/失敗談

意:オピニオン

伝:メッセージ

?:質問/:回答

他メディアより

自己体験

伝聞

I 98.9.29 Kevin(keviningram@bigfoot.com)
カオサン通りの個人電話詐欺、タイ
この界隈では個人の携帯電話を使って海外電話のサービスを1分20バーツで行っている所がある。まず100バーツの前金を払うが、回線がつながったあと、留守番電話だと言って電話を切ってしまい20バーツを要求してくる。気をつけて下さい。

I 98.9.29: Kevin(kmeadowcroft@hotmail.com)
Cianjur,インドネシア
最近インドネシアから帰って来ました。インドネシアへは2ヶ月,Nusa Tengara,バリ島, ジャワ島などを旅行。ハイライトはジャワ島西部のCianjurでのYudi Sujanaさんの家族と共にした10日間です。Yudiさんは何度もロンリープラネットのソーントゥリーにかかれた事があります。去年くらいからかれは旅行者を家に泊め始めましたそうです。
Cianjurは中規模の都市で旅行者は見当たらない。人々はとても親切です。 Yudiの英語学校の生徒は外国人にとても興味があります。ここの見所はCipanasの温室,お茶園、などで、ジャワ島の 本当の姿を見る事ができますし、とてもおいしいSundanese食を味わう事もできます。私にとってここは本当に自分の家の様な気がします。
Yudiさんへのコンタクトはe-mailでyudi_sujana@hotmail.com.

98.9.28: Motoko Kanamaru
台湾からの郵便料金
アメリカへハガキ1枚11元 封書1枚13元
オーストラリアへハガキ一枚10元
スイスへ封書一枚13元
日本へハガキ1枚10元 封書1枚13元
ただちょうどお正月にいて、なぜか正月におくれば日本への封書は10元に割引でした。
日本と同じ赤いポストがあるんですがそれは速達用で、緑色の普通用のポストに投函しなきゃいけませんでした。
電話番号の変更
それと今年の1月1日から市内局番のあとのじぶんちの電話番号のまえに2をつけることになりました。ちょっと昔に東京が03-3300-××××
になったみたいにですね。またよかったら使ってみてください。

25 Sept 98, brandon (brandongb@hotmail.com)
バンコックの"世界一大きい" レストラン
タイのガイドブックの中にはバンコックにある2つの巨大なレストランについていい記事が載っているものがあり私も,Royal Dragon(AKA Mang Gorn Luang)に行ってきました。確かに巨大で世界一大きいと私も思います。ウエイター達はロラーブレイズを履いて走り回っていますが、この記事を読む人に少し忠告をしておきたいのです。料理/サービスの質に関して過大評価されているようです。それにスタッフ達に騙されている気がしました。お昼(12時頃)にいったのですが、巨大なプラザのようなところに多くの小さなレストランがくっついているものでこれが世界で一番大きいレストランと言っているものである。その中に客が5組くらいと愛想の悪いウエーターが数人がいた。席につくとすばらしほど冷やされたオシボリが出てきた。汗だくの顔と手にはうれしい。
しかしザービスらしき物はこれが最後。2人でコーラを1本たのんだのだが、コーラが2本持ってきたので1本返す。そしてメニューを見る前に飲茶を出されお腹がかなり膨れてしまい、ロンリープラネットのオススメの笹の葉包みカレー蒸のシーフードが食べられなくなり、それを1人前、春巻きを1人前確認をしながら注文したがそれぞれを2人前持ってきてそれを指摘すると英語で"2人で分けるのは許されない!" と乱暴にいるのである。すこしもめた後そのとおりしたと思ったが、請求書にはオシボリはもとよりコーラ2本、春巻き2本、笹巻き2個など要らないといったものが全て含まれていた。私の連れのオーストラリア人はそれを自分で書き直し、オーダーしたものだけを払って出てきたが、非常に後味の悪いものになった。

98.9.25: Taka<taka3@pop16.odn.ne.jp>
クアラルンプール国際空港(KLIA)
KLの新国際空港が2ヶ月前にオープンしました。とてもきれいな空港なのですが、KLからとても遠く、1.5時間かかります。現在まだ都心への直通の交通機関はありません。また周りはジャングルでホテルなどの施設はありません。公共の交通機関は次の通り。
1)KLIAからJalan Dutaバスステーションへ(luxury-RM23/Normal-RM16、1時間)そしてシャトルバスでチャイナタウンへ(RM1、30分)シャトルはチャチですが、最初のバスは普通でもとても豪華です。合計RM24/RM16, 1.5時間。
最終はKLIA発23:00(最初のバスの最終は0:30ですが、2つめのバスはありません。)
チャイナタウンからは21:30頃
2)KLIAからNilai鉄道駅へ市バスで(RM2.5, 30分)Komuter Trainに乗り換えてKL Stationへ(RM4.5, 1時間)合計RM7.0, 1.5時間です。
最終はKLIAから22:30分、KL Train stationからは20:00頃です。
全てのバス/電車は30分に一本はでています。

98.9.23:Hiroki<cab53680@pop01.odn.ne.jp>
98.9.7のYUKIさんの質問のお役に立てればと思いメール送りました。KLの中央駅をおりてすぐのところにあるインド人の優しいおじさんが経営しているバックパック(Travelers STation)という宿はとても親切で安くて旅の情報もわかるし、e-mailもただで送れるところでした。料金はRM15でドミトリー、シングルはRM40でした。ちなみに洗濯機とアイロンもありました。
編集部より
多少散らかっていますが、心地よい宿ですね。

?

98.9.23: Hiroki<cab53680@pop01.odn.ne.jp>
シンガポールからBKKの航空券
どなたかシンガポールとKLのきちんとした旅行代理店を知っている方おられますか?BKKまで飛行機で飛んじゃおうと思っているのですが、料金とかわかるかたおられましたら、メールください。

編集部より
数日前にKLに居たのですが、時間の関係上航空券の値段は調査ができませんでした。しかし去年の情報ですが、KLとシンガポールからの航空券の値段のページがあります。一応参考程度としてご覧下さい。
旅情報->項目別の情報にあります。旅行代理店に関してはシンガポール/マレーシアの町の情報のtaの記号の欄に多少情報があります。ただしオススメマークがない限りただの情報で安心できるかどうかは不明です。シンガポールでは非常に多くの格安航空券を扱っている代理店が多いですが、KLでは探す必要があるかも知れません。

菊 清美(メールはitis@itisnet.comへ)
サイゴン、ベトナム
個人旅行に欠かせない詳細な情報の数々、大変参考になります。特にまだまだガイドブックの少ないラオスの情報を楽しんでいます。近い将来この国には是非出かけてみたいと思っています。それにしても、10日前後の限られた日程の中で、ヴェトナム(フエ)とビエンチャン、ルアンパバン間を安く、スムーズに周るのはまだまだ難しいようですね。さて、情報を得てばかりでは申し訳ないので、私も一つ提供します。レロイ通りのフエ・ホテルに宿泊されるなら、断然10ドルの部屋の方をお勧めします。
窓もなく、ファンにトイレ、ホットシャワーのみの質素な部屋ですが、何よりもすばらしいのは、裏口のドアを開けるとと、そこはもうフーン川。共有のテラスに置かれた椅子に腰掛けながら、ひねもす読書を楽しんだり、移り行く川面の表情やそこに息づく生活を眺めたり。洗濯物を干すことができるのもうれしい。確かに20ドルの部屋には冷蔵庫もテレビもあって、調度も立派なのですが、窓を開けても、10ドルの部屋に勝る景色は望めません。この冬ここに泊まった時には、ここの桟橋からボートツアーが出発しました。熟年夫婦や親子連れでも安心して泊まれます。

編集部より
ラオス-ベトナムの旅ですが、ビエンチャン-フエのルートは大変です。国際バスが一番簡単ですが、多少高いです。しかしラオスで一番おもしろい町はルアンパバンです。タイの東北部からラオスへ入り、ビエンチャンへ下り、サバナケットからフエ、そしてベトナムを南下してサイゴンからプノンペンそしてアンコールを抜けてタイへ戻りルートが陸路でのルートですが、やはり1ヶ月の旅になり、サラリーマンには行きにくいルートです。やはり1ヶ国ごとの旅が一番いいですね。

?

98.9.17: 若林 さと子(メールはitis@itisnet.comへ)
この12月に6日間程でバンコクへ行く予定です。今までのアジア旅行は山の方へ行くことが多かったので、今回は海へ行こうかなっと思っています。バンコクからあまり遠くない静かなビーチはありますか。又、lonely
planet に載っている Chonburi Province の Ko Si Chang はよさそうですが何か情報ありますか。ご連絡お待ちしております。

編集部より
現在私達はタイ南西部のビーチのみで東海岸は調査不足です。コチャン、コマツは行った人達は一応同様にいいといっていますので、それ程悪くはないと思います。ただ西部と違い島はフラットでビーチ以外には何もないと思います。西部は山などの風景がすばらしいところです。距離的には東が多少近いと思います。この件につきまして、ネット上で多少調査を致します。しばらくお待ちください。

? 98.9.12: くらやま(kurayama@chagama.ksi.ntt.co.jp)
10月の29日からタイに旅行します。どなたか情報を教えてください。

? 98.9.7: YUKI
9/12からマレーシアに行きます。コタキナバルに着くのが18:30ぐらいなのですが、お勧めの安宿を教えてください。出来れば、ハイアットホテルに近いところが良いのですが...お願いします。

98.9.6: Sudo
須藤レーポート PartIII: パクセからタイへ
フェリーで対岸へ(お金はいつ払うのか解らず
結局ただでした)バス乗り場まで歩いて8分(意外と近い)そこでギュウギュウ詰めのバス1000kipで国境
まで行き、無事にタイ入国(変な金を要求されたりはしなかった)
タイのイミグレを出たら、国境を背にまっすぐ歩くと
屋台街の終わるところにトラックバスが何台か
止まっているので、そこでウボンに行きたいと騒ぐ
(途中のタクシーやトゥクトゥクは無視)20バーツを払い40分ぐらい行ったところでエアコンバスに乗り換えろと言われ乗りかえ30分ぐらい行くとウボンラーチャターニに到着久し振りの都会に少し感激
ウボンラーチャターニはあまり旅行者が訪れないようで
地球の歩き方の情報はかなり古い!
ほとんど金額は全部間違っている(大袈裟ではない!)
地図は正しいので取り合えず安心
PM7時発のバンコク行きのVIPバス350Bのチケットを購入しバックパックを預け市内観光へGO
本屋、ショッピングセンター、ECCでのインターネット
市場、屋台、綺麗な公園などあるので時間は潰せる。
うまく言えないが陸路での入出国は結構楽しいので
どちらか一方はパクセで決まり!

98.9.5: Sudo

ラオス情報 Part II
サバナッケトで足止めをされているバックパッカーが
沢山いました。理由を尋ねてみると、ベトナムで共産党大会があり共産党大会の少し前から終わるまで陸路の入国はできないそうです。(飛行機での入国は可---しかし、いつもよりチェックが厳しくなる)

それとバンコクのラオス大使館でもビザの取得は可能だそうです。スタンプの習慣ですが、ビエンチャンより北はまだありますが,南ではその習慣はもうありません。
北は未だに王族系のゲリラが存在(共産党に追いやられた旧政府)しますが、南は関係無いのでスタンプもありません。南下する人にはいいが、北上する人は注意せよ!
両替で$100札 $50札 $1札でレートが違うということはありえるの? 昔どこかの銀行でドルに3つのレート表示があったような記憶があるような、ないようなーヴィエンチャンのマーケットの両替商が皆同じようなことを行っていたもし、あれが口合わせをしているのなら、サッカー日本代表チームはあのチームワークをみならうべきだ!(僕は信用できなかった)スピードボートには耳栓を忘れずに(外人は皆持っていた。英語のガイドブックには記載されているのでしょうなー)


編集部より
本当です。ドル紙幣は貯蓄の意味もあり、小額紙幣はてまがかかる為、高額紙幣が高く取り引きされています。
タイバーツ紙幣も同様です。高額ほどレートはあがります。

? 98.9.5: yozo(yozo31@mail.goo.ne.jp)
三ヶ月〜四ヶ月位バンコク、ラオス、ベトナム、インド、ネパール、回る予定です。インド、ネパールは、初めてなのでなんもわからんよ。
どなた様か教えてくださいませ。よろしくお願いします。
編集部より
かなりたくさんの場所を回るんですね。かなり無理があると思います。3-4ヶ月でしたら、タイ-ラオス-雲南ベトナム-カンボジア-タイの陸路の旅はどうですか?又はインド-ネパールの旅ですね。それくらいはかかりますよ。長期で旅行されるのでしたら、ぜひ私達のHOT INFOのコーナーを利用して下さい。リアルタイムで貴方の旅の様子を世界中に伝えられます。

98.9.4:しゅうぞうsalida@himawari.co.jp

バリ島最新情報
8/26-9/1までバリ島へいってきました。
ル−トについては、クタ→ウブド→パダンバイです。
今回は、本ホ−ムペ−ジを参考にさせていただきました
変更点等についてご報告いたします。

1.物価の上昇が顕著
今回、プラマ社のシャトルバス、ウブド→クタ間が
10,000ルピアになっていました。
また、ロスメンについても、そのほとんどは、言い値で
2万ルピアになっていました。(税込み、朝食込み)。
値引きは可能な印象はありましたが。
パダンバイでの、Ozone CafeのKadora(元ガイド、日本語ができます。)が言うには、米は4倍に
なっているとのこと。
インドネシア人は大変です。何にも悪いことをしたわけでないのに・・・。
2.レストランについて
パダンバイの Topi Inn はクロ−ズされていました。
また、ウブドのサッカ−場の東のワルンは
Ary's Warunではなく、 Arie's ワルンだったと思います。(細かくて申し訳ありません。)
とても、愛想が良すぎるマスタ−が、危険な香りを感じさせますが、ただ単に、フレンドリ−なだけでした。

3.ウブドから、タンパシリングへ
ウブドから、マウンテンバイクで行くと、ずうっと山道で
2時間くらいかかり、到着してからのご飯がおいしくてしょうがなくなります。多分、水代の方が高くなってしまいますので、よほどダイエットをしたいのでなければ、ベモの使用をおすすめします。

今回、パダンバイの雰囲気はかなり気に入りました。
港町の開放感、すれていない人々、旅人の行き交う国際性、きれいなビ−チと、いうことありませんでした。
ただ、ビ−チはかなり、波が強くなることもあり、ライフセ−バ−もいませんので、おぼれないように気をつけましょう。
以上です。このホ−ムペ−ジはとても、参考になりました。どうも、ありがとうございました。
また、質問がありましたら、どうぞ、お気軽に。


編集部より
細かい指摘大歓迎です。本当にありがとうございました。とりあえすこのページに載せ、東ヨーロッパから帰国後、本文の訂正を行いたいと思います。
パダンバイのビーチはバリ島で最高なのにあまり知られていませんね。やはり穴場です。

98.9.01: 須藤幸一郎

須藤レーポート:ラオス最新情報 Part I
初めてITIS-NETのみを頼りに旅行をしてきました(メコンの国をたんに忘れただけ!)現地で会った日本人には、かなり好評でした。(本当)
一番の違いは、やはりレートですね(とはいっても、他のガイドブックより情報は新しい)

ITIS Travelersでは98年5月6日 $1=2470kip(ビエンチャン)ですが98年8月14日$1=3660kip 両替商は3900kip (100ドル札のみ)
交通費はほとんど変わっていません
宿代は、ドル表示の店は変わっていませんがkipでやり取りしている店は50%増しです。値段が500kipの物はほとんどが倍(1000kip)今まで1バーツ50kipで常にバーツと一緒に変動をしてきたkipですが、ここにきて1バーツ100kipになってしまい経済は大混乱です。
ラオスでは、銀行の営業は月曜日から金曜日のみです
土曜日は特別に両替のみ営業!しかし外貨への両替、ATMの利用はできません。
(T/Cからkip,$からkip,バーツからkipはOK)
Tシャツはビエンチャンが一番安く5500kip(結構粘った)フエサイからルアンパバンはスピードボートで2時間と2時間で計4時間 1200バーツ(僕とアメリカ人2人の3人、6人いれば1人600バーツだそうです)
地球の歩き方には9時発と書いてあったが、アメリカ人のガイドブックには8時発と書いてあった!実際は人が集まれば出発するそうなので8時前には行っておきたい!
ルアンパバンからビエンチャンのバスはITIS Travelersのとうり、ただ真ん中の席は景色が見えないので、なるべく早くいき窓際の席を確保したい(僕は真ん中の席でした)
ワンビエンに着くと屋根に置いてあるバックパックを道端に投げ捨てるので注意! 僕のバックパックは道端に置かれ、バスは発進!ワンビエンで降りたイギリス人が騒いでくれたおかげで助かりました。
ビエンチャンからサバナケットのバスはITIS Travelersのとうりエアコンバスで道も舗装されているのでかなり快適でした。
サバナケットからパクセ行きのバスは朝の6時の1本のみ!4時半のバスはありませんでした。コーン島には行かず、パクセから陸路でタイにはいりました。


タイでは、日本でもおなじみの英会話スクールのECCでインターネットができます。15分で69バーツ 中規模の町ならどこでもあるそうです
以上です。
編集部より
ご苦労様でした。かなりラオスは今後も変わりそうですね。サバナケットからパクセ行きのバスですが、バスステーションのスケジュールでは確かにそれしかないのですが、どう考えても、ビエンチャン-パクセ間のバスがサバナケットを通るはずなので、もっとあるはずと思えます。バスステーションではだれも教えてくれないのも事実ですが、、、。