情報あっとランダム
アーカイブ: 香港/マカオ/中国

情:旅行情報

話:おもしろ情報/失敗談

意:オピニオン

伝:メッセージ

?:質問/:回答

他メディアより

自己体験

伝聞

このコーナーの質問にご存知の方
回答をお願いします。
その際はITISにも回答を送ってください。



99.11.27: てくてく<d_alpha@usa.com>

ネパールから中国へ
99.8.19のゆうた<yuta1977@aol.com> のメッセージに対して

ネパールから中国への情報ですが、昨年の8月から友人と3ヶ月ネパールに行っていきました。帰国の際友人はチベット経由で中国を通って帰国するということで、カトマンズで別れたのですが、彼はカトマンズ北西の国境の町「コダリ」からチベットのラサに行ったそうです。何でもネパールの中国大使館ではヴィザを発給してくれないそうですが、どこかの旅行代理店でヴィザをとってもらったらしく、なんとか中・ネ国境を越えたそうです。



?

99.10.21: 池野 智章<notom@hotmail.com>
中国からラオスへ陸路
中国からラオスに抜けようと思って情報を探しています。

編集部より
中国からラオスへは、クンミンかダイリーからボーテンへ入るのが一般的です。ラオスの一般情報に旅人からのレポートがあります。参考にして下さい。


?

99.10.11: かえ
中国からベトナムへ陸路
私は全く英語が話せません。みなさん日常会話くらいは出来るのでしょうか?このため不安が膨らみます。どうにかなるものでしょうか・・・
あと、中国からベトナムへ陸路で抜けたいのですが、この場合ビザはどうすればいいのでしょうか。香港に行くのが一番いいですか?中国か日本で取って出入国地点を変えてもらうというのもありますよね。ビザは3ヶ月有効だと聞いたので、予め日本で取っておくことも可能だと思うのですが、アドバイスをお願いします。
編集部より
ベトナム のビザは入国の日を指定して取ります。 その日以降にも入れますが、ベトナムにいれる日数が減ります。それゆえ旅行の日程を決める必要があります。 できれば直前に取るのがベルトと思われます。 私たちはまだ中国の調査をしていないので、責任あるアドバイスはできませんが、香港では陸路入国のビザが取れる事を確認しています。 もし中国の旅の後半で、香港を訪れるなら、そこで申請するのがいいのではないでしょうか。 香港以南ではクンミンにもベトナム領事館があるという情報があります。
英語の問題ですが、できればしゃべれるのにこしたことはありませんが、「何とかなる。」というのが多少無責任ですが答えです。 中国でもベトナムでもある程度意志が通じなければ、何もできません。しかし、ホテルに行けば、相手は「部屋を探しているのだな。」と思うし買い物へ行けば、何か買うのだなとわかります。 そこではあまり高度の英語や地元の言葉は必要とはしません。また人は必要に迫られれば、自分の思っている以上の力を発揮するものです。 簡単な辞書やフレーズブッックを持っていれば、必要に迫られて覚えるものです。それほど心配することではないと思います。

99.08.09 Kohei Chiba<ko-hei@kf6.so-net.ne.jp>

初めてのたび: 台湾-香港
9月1日から初の海外旅行に出ます。なのに一人旅です。アホかって言われました。しかし「なんとかなる」精神です。英語も少ししか話せません。
ルートは山口ー那覇ー基隆で台湾に行き、そこで何日か安宿でつなぎ、チケットは現地購入で香港に行こうと思ってます。全日程約15日間の予定です。今回は1日で行って向こうの人と話し、食べ物を食べ、生活することを目的としています。こんなことで大丈夫でしょうか。最近ちょっと心配になってきました。あと向こうでギターで弾き語りもしてきたいです。
なにかアドバイスいただけるなら、ぜひ待っています。
ホントにどんな情報でも結構です。お願いします。


編集部より
まずはこちらからの質問ですが、なぜ沖縄経由で台湾へいくのですか?香港の後どこへ行かれるのでしょうか? 食が目的の一つという事で、台湾がメインでしたら、福岡-台湾-香港の航空券の方がいいのではとも思います。 しかし船は時間がかかりすぎで、料金も決して安くありません。台湾の旅費も決して安くはなく、貧乏旅行にはかえって旅費はかさむと思います。それに15日では台湾にたどり着くのがやっとで、10日もいれないでしょう。とてもここから香港に渡る時間的余裕は無いと思います。神風旅行は旅費ばかりかかり、得るものはほとんどありません。どうしてもといわれるのでしたら。私たちのページに台湾からの航空券情報もありますので、参照してください。
台湾-香港間は往復で200ドル程度です。

さてあなたが旅の目的としている、3つの事「向こうの人と話し、食べ物を食べ、生活するです。」が、本当にこれらができれば、旅は楽しいと思います。しかじ現実は、外国に入ったとたん、これを行う事は非常に難しいです。まず言葉が話せない事が決定的です。日本語であなたの近づいてくるもののほとんどはあなたのもっているかね目当てで、人の善し悪しが見抜けなければ、かれらの餌食になるのがほとんどでしょう。
15日という短い日数しかないのでしたら、まず一つの国に絞ること、それにまずは外国とはどんなものなのかと見る事だけに徹する事がいいと思います。


I 98.11.25 TV
北京の回転寿司
とても盛んだそうです。値段は一皿8yuenから22yuenです。


?

98.11.9: Ai
中国の情報を見ようと思って時々ここにやってくるのですが、中国の情報が以外に少ないので寂しく思っています。みなさん、あまり中国方面には行かないのかな??

中国はかなり人気がありますよ。しかし残念ながら私達の力不足、資金不足、人手不足の三不足で中国は調査されていません。すみません。なるべく早くこの三不足を解消して世界中をカバーできればと思っています。

98.11.6:ちるちる原田

モンゴル

自然と共存するモンゴル人の生き方が大好きです。モンゴルのことならなんでもいいので教えて下さい。お金が貯まったらモンゴルに旅行に行きたいと思っています。
よろしくお願いします。


98.11.1: sigetch( sigetch@bg.mbn.or.jp)
中国はチベットに行かれる方へ。
国内からは、ゴルムドからバスで入る方法と成都から飛行機で入る方法がありますが、ヤミバスを使わない人は、飛ぶ方が正解。CITSの正規バス料金は飛行機とほとんど変らないほど高いし、ゴルムド〜ラサは30-60時間もかかり5000m級の山を2回越えるので高山病にかかりそうな筋肉質の人は止めておくかゴルムドで2,3日体を慣らしてからの方がいいですよ。私は敦皇〜ゴルムド〜ラサのルートで行こうとしたところ敦皇のバスチケット売り場で捕まりました。ここのチケット売り場とCITSはつながっていてゴルムド行きの外人は皆ラサまで行くと思われているので、ラサまでのチケット(座席1590元寝台2000元以上)を売りつけてくるし、それを断ってゴルムドまでのチケットを買おうとしてもパーミットが300元もかかってしまうので、そんな金はない!もしくはあっても払うもんか!という人はバス停には向かわずに北に歩いて橋を渡った所らへんでバスをヒッチすれば中国人料金で乗せてくれます。ゴルムド〜ラサのヤミバスも300元前後で見つかります。アジア人の特権と思って頑張ってください。


98.10.8: tom<9521059b@drum.st.nsu.ac.jp>
中国
今年の8月下旬から2週間、中国へ行ってきました。初めての中国だったので色々大変な部分もありましたが、とても楽しかったです。コースは西安、洛陽、上海。もちろん列車移動。
中国は日本より物価が安いというのはだれでも知っていると思いますが、日本と違ってはっきりとした定価がない!!!特に日本人というだけで平気で10倍の値段を言ったりします。これには本当にまいりました。買い物の場合は値切るのはもちろんですが、地元の中国人が幾らで買っているのかを注意して見ておいた方がいいと思います。ちなみによく買うものとしては水がありますが、小さなペットボトルの水は町中のスタンドでは3元くらいでした。とにかく片方の店では100元くらいで売っているものが、外国人が多く来るような観光地だと500元で売っていることもあるので、買う時は必ず値切って買うことが必要だと思います。


?

98.5.20,ヌマザワカナコ(kanako@maroon.plala.or.jp)
シルクロード
22歳の学生です。6/24から8/15の間に、2,3週間の予定でシルクロードを列車、ローカルバス、現地ツアーでめぐりたいと考えています。基本的に贅沢はしないけど、我慢比べのために行くんでわけでもありません。
北京、西安、敦煌、ウルムチ,カシュガル(できれば中央アジアに抜けてヨーロッパに行ってみたいけど、学生なので金がナイのです)これまで、グループでインドネシア、二人でタイ、部分的に一人でネパールに、
40リットルくらいのザックを持っていくようなかたちの旅行をしたことがあります。ぼろホテルでも生きていけます。山岳部、MESS(英語サークル?)に所属しています。でも必要最小限の英語しか使えません。
大学では理系の分野のことをやっていますが、世界史、文学、美術、動物、民俗学っぽいことが好きです。
シルクロードに関しては、個人旅行をするための情報が少なく、不安なので、何か情報があれば是非お寄せください。とくに、中国から中央アジアを越える
場合の、安くて安全なルートについてお願いいたします。また、もしも部分的にでも一緒に行ける方がいらっしゃいましたら連絡ください。
これとは別にイタリアに関する情報を募集しています。