ミンガ・ラーパ!ミャンマー!
〜フレンドリーな国、ミャンマーを訪ねて〜 #6
菊正敏

200016

6.修行僧は何と1000人!

アッと驚くカカットワイン僧院!!

カカットワイン僧院はミャンマー国内屈指の規模を誇り1000人以上の若い僧侶(小坊主という)が修行に励んでいる。ちょうど食事時の見学となったが、迷惑さえかけなければ食堂に入って写真やビデオを写すのも自由!これは有り難い! 78人程度の僧侶たちが車座になって、それが何十ものグループで1000人規模で食べているのだからすごい。 西高の体育館で1000人の生徒が車座になって食事をしている光景を想像するとイメージがわくであろう。食事が終了すると全員が一列になって出てくるのだが、最後の僧侶が出てくるまで、ゆうに20分はかかったと思う。とにかく次から次へ切れ目なく、同じような恰好をし、坊主頭で同じ顔をした小僧たちがまるでコピーしたかのように(古い言い方をすれば金太郎アメ)出口から現れるのだ。出口では信心深い近所の人達が供物を一人一人の小坊主にあげている。ただ1000人全員にはあたらなく、無くなればそこで終わりだそうだ。 (そりゃぁそうだ…)

ガイドのトンさんが「もう10分くらい待っていれば、ぞろぞろ試験場へ行く小坊主さん達の姿が見られるよ」と教えてくれた。 なるほど先程それぞれの部屋に戻った小坊主達がまた集まりだし、廊下に一列に並び始める。 手には日除け用の大きな竹製の団扇。 先生?役の大人の坊さんが人員点呼を始める。 そして出発。 このあとのことはスケジュールが我々を待ち受けているため残念ながら「取材」を断念した。

つづく

トップ| 旅情報 | 旅人のネットワーク | HOT INFO | 旅人の記憶 | 旅のギャラリー | リンク

活動の目的 | 使い方 | 規約 | お願い | スポンサーの募集 | スタッフの紹介 | メール