「Viet Nam 日誌」
ふくちゃん vol. 7-4

ふくちゃんへのメール : route66@mail.webnik.ne.jp
第2部 旅にまつわるしょむないこと
第2章 ヴェトナムという国に関するよもやま (4)おっかまー
 国が違うから、文化が違う。文化が違うから、日頃の生活や人々の行いは当然違ってくる。これ、当たり前のこと。で、ヴェトナムの若い男性に注目。
 ぼくは以前、「イスラム圏内では、成人男性が手をつないで歩くことが日常茶飯事である」という話を聞いたことがあった。悲しいかな、ぼくはイスラムの国に行ったことがないので、この事実に関してはよくわからないが、ヴェトナムでは、なんとなくこの手の人たちが多かった。
 というか、若い(そう、だいたい高校生くらい)やつで、手をつないだり、腕をくんでたりするやつをよく見かけた。でもやつらは「ほんとに」その手の人たちなのだろうか、今だによくわからない。でもなんとなく、ぼくの見た範囲内では、そのような習慣は黙認されているようだった。ちなみに数は少ないが、女性同士のそのような人たちも目撃した。
 でも、彼ら(男性の、その手らしき人々)の肩を持つ訳じゃないが、あんなに女の人が強けりゃ、なんとなくそうなってしまうのもわからなくないような気がした。うん。だから、Hai Yenホテル(ニャチャン)の前にいた「おっかまー」少年みたいなやつが出現するんだろう。
第2部 第二章(5)へ続く
ふくちゃんのホームページもよろしく http://www5.freeweb.ne.jp/travel/route66/