Latvia(ラトビア) 国情報
首都 Riga
予算$20/

Country Code 371 $1=0.058Ls, 2000710

言語
ラトヴィア語:第一言語とする人は人口の約57%にのみ。
ロシア語:他40%の人々が第一言語とする。
英語:高齢者は最小限の知識を持っているが、若年層は1991年の独立以降英語教育を受けている。

気候
夏:7月は気温が20℃で一年中で最も暑い時期。
冬:2月は雪が多く、気温がマイナスになることがほとんど。

通貨/両替
ラトヴィアの通貨 LAT:$1=0.5Ls
紙幣:1,2,5,10,50,100
現金:銀行と両替所では手数料なしで現金両替可能。
ATM: ATMは街中にある。
再両替:銀行でラトヴィア通貨を2%の手数料でドルなどへ両替可能。

基本旅行費
卵10個- 0.69Ls、Mars Bar - 0.20Ls、ビッグマック- 0.90Ls、朝食- 0.50Ls、ビール一杯- 0.30Ls、水- 0.25Ls、低予算でできる食事- 3Ls+、コーヒー一杯-0.30Ls

営業時間
月−金:9.00-17.00、土:9.00- 15.00 日:殆どのストアや美術館は閉店だが、レストランは営業している。

イミグレ/ビザ
ビザが要らない国:アメリカ、ヨーロッパ諸国、日本(90日の滞在可能)
ビザ必要: 、オーストラリア、ニュージーランド(30日)(近隣諸国のラトビア領事館でUS$15で取得できる。発給まで要5日)

国境
陸路
Estonia
Tartu) から:
Valka (Latvia) - Valga(Estonia)
Lithuania
Vilniusから:Daugavpils (Latvia) - Zarasai (Lithuania)
Russiaのモスクワから: Rezekne (Latvia) - Pskov (Russia)
海路: Riga (Latvia) - Stockholm (Sweden) 間- フェリー

国際交通機関
列車:とても便利だが、各境界線で乗り換える必要がある為時間がかかる。
バス: 列車に比べ快適さには劣るが、国境越えに時間がかからない。(30分程度)。バス会社はユーロラインズ社が一般的ラトビアのRiga、ロトアニアのVilnius経由でエストニアのTallinnとドイツの都市を、又Riga経由でロシアのSt Petersburg結んでいる。

国内交通機関
列車:バスに比べはるかに便利だが、本数は少ない。CesisやSiguldaでは列車がベスト。
バス: バスステーションはだいたい街中から2kmほど離れた郊外の高速道路脇にある。

地方
トラム(路面電車): Rigaではトラム路線が完備されていて、古い街を周回している。その他の小さな町では十分歩いて巡れるが、バス路線もたいてい充実している。料金はRiga市内ではどこでも0.20Lsだが、電車、バス、トラムで別料金。運行時間は5:30-24:00。

世界遺産
Rigaの旧市街地区: 12世紀の中世の町

観光案内所
観光情報センター:ほとんどの主要都市にあり、どこでも丁重な英語で対応してくれる。宿泊施設等の写真があり、旅行者の予算と希望する場所を考慮しベストな宿を紹介してくれる。
便利な出版物
"In your pocket Riga":
ラトヴィア人により英語で書かれていて非常に役に立つガイドブック。
週刊The Baltic Times、隔月The City Paperも英語の重宝される出版物である。

電話
テレフォンカード:キオスクや郵便局で購入できる。電話会社は2つあり、それぞれに専用の電話機/テレフォンカードがある。
国際電話のかけ方 00 +国番号 + 市コード+ 番号
電話国番号 - 371.
HCD(
着払い): AT&T direct - 700 70 07
料金 - 0.02Ls/, - 0.46Ls/, - 0.41Ls/分, 日本- 0.52Ls/
- 0.56Ls/
郵便 はがき 手紙 小包1kg 小包2kg
欧州 0.20Ls 0.30Ls 6.00Ls 11.00Ls
日本 0.30Ls 0.40Ls 8.50Ls 13.50Ls
豪国 0.30Ls 0.40Ls 8.50Ls 13.50Ls
米国 0.25Ls 0.35Ls 7.50Ls 12.50Ls

宿
ラトヴィアはまだ低予算で旅行ができる施設が発達していないため、ITISでは大学寮を中心に紹介した。しかし格安のホテル等の宿泊施設も同じくらいの値段で見つけられるが質は悪い。格安ホテルはたいていの場合、前ソビエト連邦時代の巨大な建物内にあり、部屋は狭く窓はない。

ラトヴィア人は肉をよく食べる。カフェテリアスタイルのレストランでは料理は量り売りされていて、格安旅行者には最適。
rupjmaize:ダーク・ライ麦のパン。ナッツとレイズンが多く入っている。ラトヴィア人は大好き。
Piragi:ベーコンとオニオンが入っている饅頭のようなもの。おそらくメニューの中で一番安い。
コーヒー:トレンディなカフェではおいしいコーヒーが飲める。1杯約0.30Ls。
Aldaris Zelta と Cesis beerは一番人気のあるブランドで、軽く、つんと香りのある味がある。

習慣
チップ:要求はされていないが、サービスが良い場合に出してあげると皆喜ぶようである。注意:ラトヴィアでの小銭は$20USになる事もある。
ラトヴィアで出合った人の両親に会う機会があったら、奇数の花束をプレゼントするのが習慣だ。

土産物
Baltic amber等の宝石は街に溢れている。80年代っぽい革製品は人気があり、身に着けている人が多く、レザー店も多い。
Rigas Melnais Balzams:国を代表する酒で観光客にも人気。濃く芳醇で中世を思わせるボトルに詰められている。チェコ人にとってのAbsinthのようなもの。

健康
Baltic & American medical clinics があり、西洋諸国と同等の医療が受けられる。スタッフも英語を話すので安心。
水道水は決して飲まないように。

安全性
夏など夜が数時間しかないにもかかわらず、夜の一人歩きはとても危険。Rigaの街には大勢の警察官がパトロールをしているほど。車の運転は荒っぽく、歩行者は十分車に気をつける必要がある。

ナイトライフ
他のヨーロッパ人と同じく、ラトビア人もパーティ好きでナイトライフを大いに楽しむ。ナイトクラブも多い。

その他
電圧:220 volts, 50hz。ヨーロッパ標準プラグ。

休日/祭り
1/1 正月
4月頃 イースター
6/23 夏至
11/18 ナショナルディー
12/25 クリスマス

Internet
Riga以外の街にはない。値段も結構高い。

日本語トップ | ラトビアTOP | ラトビア国情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール