見所の情報
Eger, Hungary

Area Code 036 $1=203.5ft, E=246.5ft, 200497

日本語TOP | ハンガリーTOP | ハンガリー国情報 | Eger TOP | 掲示板 | 旅人の記憶 | ギャラリー | Index | メール


Egarの町の見所は非常に多く、その種類も多様である。町の中心には城を始めとして、中世の建物が多く残り、。又町の南には温泉があり、多くのプールや保養施設の風呂をみたしている。また郊外には スロバキアにまで続いていて、世界遺産にも指定されていて、とても長い洞窟もある。
又ここのワインはハンガリー中で一番、またヨーロッパでも有数の赤ワインを産する町である。
町の中だけを見物するだけなら、ブダペストからの日帰りでも可能ではあるが、本当のEgarを十分楽しむためには、2、3日腰をすえて、ゆったりと見物しても十分価値のある町である。
料金: 大人/学生
S1 Istvan Dobo Castle(エゲル城Egri Var): Var 1. 町の中心から北東。建築が始められたのは13世紀後半。Istvan Doboはトルコ軍の攻撃によく耐えたハンガリーの英雄で、彼の率いる軍隊は1552年、わずか2000人でトルコの軍隊を撃退した。赤ワインをがぶ飲みするエゲルの男たちにトルコ兵たちは「ハンガリー人は雄牛の血を飲んでいる!」と恐れおののき、また女たちは、城に這い登ろうとするトルコ兵たちの首に煮えたぎったスープを浴びせて攻撃したといわれている。(ちなみに、エゲル名産のワインビカヴェールは「雄牛の血」の意味)この城は彼がトルコ軍に敗れる1596年まで使われていた。内部には歴史博物館と囚人博物館があり、外には実際に大砲が並べられている。
城の場内のみ300Ft/150Ft, 4-88-20:00, 98-19:00, 3月と108-18:00,  11-128-17:00
博物館込み 800Ft/400Ft, 月曜日はHeroes Hallと地下道以外の展示は休み, 3-109-17:00, 11-210-16:00 キップは城の場内と幾つかの展示室を含むが、Heroes Hall(英雄の間) 地下道はツアーでの見学となる。ハンガリー語は料金に含まれているが、英語のツアーは別料金 お勧め
S2 Lyreum Konyvtar: Eszterhazy ter.1. (大聖堂の前)木製のすばらしい彫刻で美しく飾られている歴史ある図書館と、16-17世紀のコレクション。書誌学や教会についての保存品が多い。450Ft/300Ft, 4-9月火-9:30-15:30, 10-3月土日のみ9:30-13:00, (1223日から15日まで休館)超お勧め
S3 Bacilica: (大聖堂) Eszterhazy ter 電車で到着する場合は駅前のVasut通りをまっすぐ進み、Deak Ferenc通りを右に曲がると正面に見える。バスの場合は大聖堂の裏側に到着。ハンガリーでも有数の大きさを誇る。エステルゴムの大聖堂などを設計したヒルド・ヨージェフによるもの。
オルガンコンサート400Ft 315日から1015日までは毎日月-11:30-12:00, 12:45-13:15 お勧め
S4 Minirita temple: Dobo ter, 中央広場にそびえるピンク色のバロック式教会
S5 Serbian Church(セルビア人ノ教会): Vitkovics u.30, 18世紀に建てられた。イコンや17-8世紀の展示物が見もの。町の北部で中心から徒歩15分ほど。ミナレットからは7-8分。もし管理人がいなかったら、ベルを鳴らせば出てきて案内してくれる。外部と比べて内部はとても美しい。 300Ft, -10:00-16:00お勧め
S6 Minaret(): 町の中心から少し北へいったところ。タワーに上れる。1841年まではモスクも併設されていた。階段はきついが、上からの展望はとても美しい。200Ft, 4-1010-18:00
S7 The Parish Church of St Bernard(Ciszterci templom):Szechenyi utca 15.守護聖人の名前にちなんでこの名前がつけられた。
S8 County Hall(郡庁舎): Kossuth Lajos u.9. 入り口はKosuth L.u.1, 9-19世紀のEger とその周辺についての展示がある。中庭に続く入り口脇の門は、ドイツのヴュルッツブルクのHenrik Fazolaによって作られたすばらしい作品。スポーツ博物館も併設されており、この地域の水球について知ることができる。140Ft/70Ft, 3-9月火-9-17:00
S9 歴史博物館(Torteneti Tarhaz): Dobo u.9., トート・シャーンドルという一個人のコレクション、主に原始時代から自由戦争までの武器の展示。20033月に開かれた新しい博物館。400Ft/250Ft, -9-17:00, (1221日から15日までは休み)
S10 マジパン博物館: Harangonto u. 4. 2005年開館予定のマジパンの博物館。世界的に有名なお菓子職人コプチク・ラヨシュによるもので、現在も常に製作中。
S11 大司教収蔵物博物館(Erseki Gyujtemenyi Kozpont): Szechenyi u.5. 1699年から1943年における、エゲルの神父と大司教の歴史について。250Ft/150Ft, 11-3 -10-16:00, 4-10月火-9-17:00
S12 消防署博物館(Tuzolto Muzeum):Tuzolto ter.9.1000Ft/50Ft, 315-1010-17:00
S13 パローツ民俗博物館(Paloc Nepmuveszeti Kiallitas): Dobo u.12., パローツという民族についての19-20世紀の展示。140Ft/70Ft, 4-10月火-9-17:00
S14 薬局博物館(Telekessv Patika Muzeum): Szechenyi u.14., バロック時代の薬局の内部や薬品の展示。無料, 3-10月火-9-17:00
S9 Strand Park: (Egri varosi termalfurdo es elmenyfurdo): Petofi ter 2. 町の南にあるとても広い公園で、温泉のプールがある(野外に6つ、屋内にひとつ)。入り口はKlapka street。湧き出してくる湯の量はかなりのものである。オススメ 5-9 -6-19:30土日8-19:00, 10-49-18:00,           800Ft/600Ft トルコ風呂(プールの横)14-18:008-18:00
S10 Vale of Fair Woman(Szepasszony-volgy、美女の谷):
70
以上はあるといわれるワインセラーに、エゲルの最も有名な特産品「エグリ・ビカヴェール」などを求めて観光客がたくさん訪れる。13世紀にはブドウが栽培され、15-6世紀のワインづくりが盛んになった頃にはこのセラーの穴蔵が集積し始めたという。城からの場合は出入り口にあるDozsa Gyorgy terからKossuth Lajos u.をまっすぐに進み、大聖堂前の交差点から矢印に従って約40分歩く。中心街からはDobo terからJokai u.を下るとKossuth Lajos u.に着く。約25分。持ち帰り用に1リットル以上を購入すると、試飲分はただになる。購入しない場合はグラス単位で支払う。

郊外
S20 Aggtelek Cave(洞窟) 世界遺産にも指定されている洞窟。スロバキアまで続く。実際洞窟はいくつもあり、どれがいいか、Tourinformの意見を聞くのもいいかもしれない。www.anp.hu(英語あり)
Eger
からバスで 8:19 1111着、帰りは145717:25着、それぞれ一本ずつのみ。(ブダペストやミシュコルツからの方が行きやすい。) 洞窟はツアーのみ。
1時間ツアー 10-310,13,1500 1200Ft, 4-9月 10,12,13,15,1700 1400Ft
S21 Bukk 山脈: Szilvasvarad, ナローゲイジ鉄道, 乗馬、洞窟、滝などが楽しめる。バスか列車で行ける。途中Szalajka Valleyも楽しめる。
S22 Egerszalok温泉: エゲルからバスで15分くらい。バスの本数は1時間に3,4本。地下400mから湧き出している約70 度の鉱泉がふんだんに使われている露天風呂。要水着。サンダルもあった方が便利。夏24時間オープン、冬は7-16:00。見学のみ可。お湯はハンガリーの温泉には珍しく、熱め。

日本語トップ | ハンガリーTOP | ハンガリー国情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール