Estonia 国情報
首都 Tallinn
旅行費用最低額 $20/

国番号 372, $1=16.5EEK , 2000625

言語
エストニア語はフィンランド語に似たフィノ・アグリック語。高齢者層は今でもロシア語を話すが、若年層は英語を
話す。ターリンでは殆どの人が英語を話す。

気候
エストニアの旅のベストシーズンは夏(4-9月)、夜が3時間と短いが気温が20℃辺りで過しやすい。冬は平-5均度で雪に覆われる。

営業時間
月-金:9-17:00, 土:9-13:00, 日:殆どの店が閉まる。

イミグレ/ビザ
ビザが要らない国:
アメリカ、オーストラリア、日本、EUの国々。バルト周辺国は90日間、UKは180日間ビザなしで滞在可能。
ビザが要る国:カナダ、南アフリカはビザ(US$70)が必要。国境で取得可能

国境
Ainazi (Latvia)からTreimani (Estonia)へその後Parnu
Valka (Latvia)
からValga (Estonia)へ、その後Tartu
Ivangorod (Russia)
からNarva (Estonia)
Helsinki (Finland)
からTallinn(Estonia)

基本旅行費
ビックマック - 22EEK, ビール- 30EEK, コーヒー - 25EEK, 飲料水 - 11 EEK, 朝食- 25EEK, 温朝食- 50EEK, Mars Bar - 8EEK, ピザ- 33EEK, フィルム 65EEK

通貨/両替:
通貨:エストニアクルーン(EEK). ドイツマルク8対1に調整されているので比較的安定している。
紙幣:1, 2, 10, 25, 50, 100, 500
現金からの両替:
Tallinの多くの銀行や両替所で現金両替可能。
トラベラーズチェック:
Tallin、Tartuにあるアメリカン・エクスプレスでT/Cを手数料なしで両替してくれるが。エストニアの主要銀行でも。
キャッシュアドバンス:
HansapankとEesti Uhispank銀行で可能。
ATM: ATMは街中にあるので便利。
再両替:主要銀行では2%の手数料がかかる。

郵便/電話
電話国番号 372
市内電話、カード電話のみ、カードの値段30, 50, 100EK
20EEK 18EEK 22EEK NZ 22EEK 日本 22EEK
郵便 はがき 手紙 20g 小包1kg 小包2kg
欧州 5.20EEK 5.50EEK 197EEK 222EEK
その他 6.70EEK 7EEK 213EEk 275EEK

Home Country Direct: 8-00-800-1001
警察/緊急 110

交通機関
(国際線)
空路:
Baltic Air, British Airways, SAS, Estonian Airがヨーロッパの各都市へ運行している。料金 (片道) LondonUS$200, strangely to Vilnius$220, Paris$250 to Berlin$230
鉄道: Latviaとロシアへは鉄道が便利。料金 Riga100EEK and St Petersburg130EEK
バス: 最も安く、バックパッカーには人気がある。 Riga, Moscow, St PetersburgへはEurolinesがが最も便数が多い。
フェリー: Helsinki, Stockholmへ運行している。
(国内線)
舗装が悪くて排気ガスが多い為、郊外へはバスで行くより列車がお薦め。フェリーは西部の島々へ運行されている。
(市内交通)
Tallinnでは路面電車が、Tartuではバスが便利。チケットはバスや車内で運転手から買うより、キオスクで買う方が安い。バスや路面車中で自分でスタンプを押す必要がある。

宿
.エストニアでは観光自体まだ歴史が浅いため(1991独立)、ホテルはまだ少ない。Kuressaare やTartuなどの街ではB&Bが、その数の多さと値段でおすすめ。宿は基本的に簡素な造りになっている。殆どの安い宿は旧ソビエト連邦時代に作られた巨大な建物の中にあり部屋は非常に小さい

デザートやケーキもポピュラーだが、ポークを使った食事も定番。Soolapulk, Valeni、nubluのような焼菓子は多くの飲食店で売られている。エストニアのコーヒーは評判が良くないが、Sakuのビールは絶品。

ショッピング/土産物
旧市街地のマーケットなどでは手編みのスカーフやセーターが売られ、バーゲンを探すフィンランド人観光客などに人気がある。Amber Jewelry(宝石)はバルト諸国で人気があり、専門店などで購入できる。

健康/衛生
病気になった場合はTallinnのBaltic & American medical centersに行くことを薦める。水道水はなるべく避け、ペットボトルの水を飲んだ方がいい。

エンターテイメント
エストニアの女性は最近の男性雑誌でもヨーロッパで最も美しいと評されたほどの美女揃い。Tallinnのナイトクラブはベストではないが、観覧するには絶好。地元の人達はおしゃべりで旅行者にも平気でキスしてきたりする。エストニアの人気パブはTartuにあり、学生が多い。

電気/電圧
220ボルト, 50ヘルツ、プラグタイプは2ピンの丸型でヨーロッパの標準てきな物

安全
エストニアは安全性が高く犯罪率も非常に低い。しかし、夜の一人歩きはやめた方が無難。

習慣/マナー
チップ:
旧市街地区では良いサービスに対するチップは常識。
服装:
比較的保守的でカットジーンズなどは目立つ。
地元の家に招待された時:
は、ホストに奇数の花束をプレゼントすることが習慣になっている。そして出されたものはすべて食べる方が喜ばれる。

世界遺産
Tallinn: 14世紀の中世の街

祭り/休日
1/1 正月
2/24 独立記念日
4/? イースターホリディー
5/1 メーデー
6/ 6-10 Tallinnの中世の町祭
6/23 勝利の日
6/24 夏至
7/1-5 ビール祭り (Tallinn)
8/20 独立の回復の日
12/25 クリスマス

Internet
インターネットの利用は浸透されていて、安価でもある。Tallinnにはインターネットカフェがいくつかあるが、TartuとKuressaareには一つしかない。スピードは遅い。

日本語トップ | エストニアTOP | エストニア国情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール