98年冬物語 vol.6
BY 菊正敏

行はバイクタクシー。
帰りは歩きだ!
トゥドゥック帝廟

98年1月4日〜1月12日

目録

98年冬物語
1. 暑いフエで熱い...
2. 子供の家
3. 元気で優しい子...
4. 修復工事の進む...
5. フエボートツアー
6. トゥドゥック帝廟
7. カイ・ディン帝廟
8. ベトナムの結婚式
9. 24時間列車の旅
10.ハイ・バン峠
11.列車の旅での発見
12.ホーチミンまで...
13.レックスホテルで
14.チェロン地区
15.終わりに

97年夏物語

初めに

この廟は船着場から降りて結構距離があり、バイクタクシーを使ったほうが便利というけれど、歩いてもそんなに時間はかからない。この情報は夏に行ったワイフからのもの。「船で待ってる」というワイフを残しとにかく時間がもったいないので、行きだけはバイクに乗ることにした。小道をかけ上がると小さな「海の家」が4軒程あり、おばさんたちが盛んに「ここに座れ。ノーマネー、ノーマネー。今バイクがくる」と客を引いている。座ったとたんに「何か冷たい飲み物はどうだ」とくる。さすが何事も商売だ。私も負けじに「ノーサンキュー」を繰り返す。5分ほど待つと、何台かホンダのスーパーカブが砂煙をあげやってきた。ドライバーと交渉。往復2ドルらしい。さっそく出発。確かに丘陵を昇ったり下ったりするが、ものの5分もたたないうちに到着した。「ワンウェィー、ワンダラ!」とさっさと1ドル渡し私はバイクを降りた。「ユー、リターン?」きょとんとしたドライバー氏、私はすかさずフトモモをたたく。「ノー、マイフット!」。入場料外国人55000ドン(約5ドル、600円)、これは高い!ここはグエン朝でもっとも長い在位期間のトウドウック帝お気にいりの別荘。蓮池や川や丘もすべて人工的に造られ、大変広大である。蓮池で皇帝はいつも釣りをしたり詩をつくったりしたそうだ。

帰りは徒歩き。1〜2キロくらいなので、やや急いで歩いて15〜20分くらい。途中の農家や景色を見て歩いているとあっという間に着いた。時間が多少あって疲れてなければここは歩いて十分。それにしても入場料は高い。


日本語トップ | ベトナムTOP | ベトナム国情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール