PHONSAVAN (ポンサバン)
別名 XIENG KHUANG(シェンクワン)
ラオス 2000年

雨季: 5-10 乾季: 11-4

Xieng Khuangはラオス東北部にある小さな田舎町である。ここの最大の見所は町の南西10kmにいくつも点在する Plain of Jars」と呼ばれている場所である。ここには用途が分からない巨大な石瓶がいくつも野ざらしにされていて、ラオスの観光ポスターの一つとなっている。そのミステリヤスなポスターを見て多くの旅人が何日もかけてこの僻地にやってくる。しかし、そのほとんどが、失望し、この地を後にする。「この地に陸路でくる苦難の度合いを考えると、そのミステリヤス度は割りに合わない。」というのがここを訪れた旅人達の感想である。 過度の期待をもってここを訪れなければ、その瓶の高原以外にも温泉、11月のケシの花、 ラオスの僻地の風景などを楽しむことはできるのでは。

最も簡単にこの地を訪れる方法は空路。VientianeLuang Prabangから便がある。どうしても「陸路」取りたい方は、乾季であれば13号線でPokuneまで行き、ここで 超悪路の7号線でPhonsavan6-14 時間かけて行くことができる。 ビエンチャンからPokune経由で約1-2日かけてバスの便がある。雨季は7号線は通れないため、ルアンパバンから北周りで2-3日かかる。

最近市外局番が061に変更され、町中の電話番号が変更されました。雨季:5-10月、乾季:11-5
気温は平地と比べかなり涼しい。夜間はジャッケトやブランケットが必要となる事が多い。 電気はほとんどの宿で夜のみ。18-23:00


日本語トップ | ラオスTOP | ラオス国情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール

調査期間データ: 第一回 97.1.12、第二回 98.5.3, 第三回 99.5.3