一般情報
GUANGZHOU (廣州)

98年1月8日



香港から日帰りで行ける中国というと真っ先に思い浮かぶのはシンセンだろう。しかしそれ以外にも日帰りが可能な街はある。廣州もその一つだ。経済特区に指定されるまでは小さな街だったシンセンに対し、廣州は古くからの都市。地下鉄工事と再開発のため、あちらこちらで工事中だが、少し裏道に入れば古くからの街並がいくらでも見られる。


言語
広東語 英語はほとんど通じない。

通貨/予算
香港からの日帰り旅行の最低予算 HK$500
(香港での中国ビザ取得HK$100含む)
通貨 人民元=CN\. HK$100=CN\108



国境(入国)状況
ビザ 廣州へ行くためには中国ビザが必要。
香港の大使館のページ参照。
バス 香港へ/から
CITY BUS
(T2736 3888)利用で所要3-4時間。
車両は2階建、トイレ付きで快適。
バスターミナル
香港:
TST(尖沙咀)の廣東道の中港城(CHINA HONG KONG CITY)の地下。
廣州:花園酒店(GARDEN HOTEL)
香港から廣州: 7:30,8:30,9:00,9:30,14:00発
廣州から香港: 9:15,14:30,15:30,16:00,16:30発
料金 片道HK$180
バスを運行している会社は複数あり、香港−中国のイミグレでは"香港-廣州 片道HK$120 往復HK$200"と書かれたバスも見られたが詳細は不明。
鉄道 香港へ/から 直通列車が4本/日運行されている。
香港へ/から TURBO CAT(T2921 6688)利用で所要約2時間。
フェリーターミナル
香港:
TST(尖沙咀)の廣東道の中国客運碼頭(CHINA FERRY TERMINAL:上記CITY BUSの 乗り場とほとんど同じ場所)
廣州:東江穂港客運碼頭(正確な場所は不明)
香港から廣州 7:30、14:00発
廣州から香港 10:30、16:30発
料金(エコノミークラス、片道)
香港→廣州 HK$250
廣州→香港 HK$234
夜行フェリーの運航は中止された。

市内交通
バス、トロリーバス 路線は多く、頻繁に走っている。詳細は不明。

見所
六榕寺 美しい塔がある。塔に登ると廣州の街並が見渡せる。入場料1元、塔は別料金で5元。
光孝寺 中国南部で最古、最大の寺。華やかさはないが、落ち着いていてなかなか美しい。
入場料1元。
陳氏書院 彫刻、陶器、盆栽などが見られる。
建物には緻密な彫刻が施されており、これだけでも一見の価値あり。入場料10元。
廣州起義烈士陵園 蒋介石率いる国民党との戦いにおける犠牲者を祠った大きな土まんじゅうの墓がある。広く、美しく整備されている公園。人ごみから離れられ「ホッ」とできる場所である。園内には池もあり、ボートを借りられる。
入場料3元
徒歩での所用時間 花園酒店-1時間-六榕寺-10分-光孝寺−20分-陳氏書院-1時間-廣州起義烈士陵園

日本語トップ | 香港TOP | 香港区情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール