見所の情報
中国,雲南,香格里拉(Xianggelila)
中甸(Zhong Dian)

Area Code 0887, $1=8.26, 2004528


中国トップ | 雲南

S 松賛林寺(Song Zanlin Si): 雲南省最大のチベット仏教寺院。(ゲルク派)1679年、ダライラマ5世によって創建された。山の斜面に作られており、裏山のタルチョ()はためく丘からの眺めは最高。まさにチベット世界といったところ。チベット僧もフレンドリーで日本語を話せる人もいる。バター茶をご馳走してくれる。入場料10
寺の前に宿あり 朝聖蔵家風情園 T8231298 sb dr(2-3人部屋)20
アクセス:
長征路のバス停から3路バス(松賛林寺行き)終点下車 1 要15
S 納怕海(依拉草原)(Na Pa Hai): 香格里拉の街から西北約8kmにある湖だが、乾期には水がほとんどなくなり、草原となる。雪山を見ながら草原を散歩したり馬に乗るのも気持ちがいい。入場料15, 乗馬30元/時
アクセス:
町の北部の中徳路と教香路の角から乗り合いタクシー 5/ 10分 タクシーは5-10/ 徳欽行きのバスに乗り、途中で降りることもできる。
S 下給温泉(Xia Gei Wen Q uan/Hot Spring): 町から約12kmのところにある天然温泉。入浴料は安く, ログハウス作りの個室になっている。適温でとても気持ちいい。近くには天生橋(石灰岩の橋)がある。ログハウス浴室 30/(2人まで)、大浴室60/(4人まで)
その他、途中の天生橋にも温泉あり。入場料10元、入浴料15-20、タクシーで往復50元くらい。
アクセス: 中旬からタクシーをチャーターして。60-70元くらい。(要交渉、往復と待ち時間を含めて、3-4人での料金)
S 碧塔海自然保護区(Bi Ta Hai/Green Pagoda Lake):中甸から東へ約32kmに位置する、東西3000m、南北700mの森の中にある湖。海抜は3540m。野生動物(ツル、サルなど)も生息しており、中でも「中甸重唇魚」という氷河期から生きている魚は、地球上でここにしか存在しない。春(初夏)にはシャクナゲの花の毒で、酔っ払ったように浮かび上がってくる。西路入り口から湖までは徒歩で約2時間。軽いトレッキング気分。
入場料(自然資源保護費)30、湖の渡し舟20-25元/人(要交渉)
アクセス: 中甸からタクシーで西路まで片道7080元ぐらい・南路まで150-170元、3-4人、要交渉)、西路入り口まで約1時間・南路入り口まで約2時間、白水台(三覇)行きのバスで途中下車して歩くこともできる
S 白水台(Bai Shui Tai):ナシ族トンパ(東巴)文化の発祥の地。三覇にあり、石灰岩でできた階段状台地。その様はトルコのパムッカレを小さくしたようなもの。旧暦28日にはナシ族の祭りがある。入場料30
アクセス:
香格里拉から三?行きか哈"口巴"行きのバスで(4時間) 香格里拉7:50, 8:301410 20
麗江からバス9:00発 37(橋頭を13:00、虎跳峡を通るのとても景色がいい)
S 北鶏寺(Bei Ji Si):
香格里拉の街の南にある丘の上のチベット寺院。そこから中甸のオールドタウンが見下ろせたり、夕日が山の向こうに沈むのを見ることができる。永生飯店から歩いて20分くらい。チベット僧がバター茶をご馳走してくれることもある。
S 徳欽(De Qin): 香格里拉からバスで約7時間, 標高3280mのこの町は、雲南省最北の町ですぐ北はチベット自治区。街は小さく、坂になっていて、大して面白くはないが、最大の見所は云南省最高峰の梅里雪山(Mei Li Xue Shan, 6740m)を間近に臨めること。街からトラックをヒッチして約15分くらいで飛来寺(チベット寺院)に着き、そこから1kmほど行ったところに展望台(3480m)があり、チョルテン(仏塔)やタルチョ(旗)のたなびく風景の向こうに万年雪の梅里雪山の山並みが見渡せる。天気がよいのは午前中だけで、午後は雲が多くなり陽も陰ることが多い。
アクセス: 客運服務中心站から大型バスで2528元(6:50, 8:00発、所要約7時間)
S 奔子欄(Ben Zi Lan): 徳欽に向かう途中にある小さな町だが、標高が一時下がるせいかこの町の周辺だけは緑に覆われている。秋には棚田や川辺の木々の紅葉がとてもきれい。ゆっくりとした時間を過ごすには最適の町。宿も数軒ある。
アクセス: 徳欽行きで途中下車(2.5時間, 15) 又奔子? (Ben Zi Lan)行き13:00, 14:00

日本語トップ | 中国TOP | 雲南情報 | 広西情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール