見所の情報
中国、雲南、景洪(Jinghong)

Area Code 0691, $1=8.02, 2005729

日本語Top | 中国トップ | 雲南情報 | 景洪TOP | 掲示板 | Hot Info | 旅人の記憶 | ギャラリー |メール

S 民族風情園(Minzu Feng Qing Yuan): 農林南路4(2路バスで51元、徒歩だと15)T2125443入場料30(学割15)、無休、8:0019:30(水土祝日は23:00まで)
舞踊10-15:00, 舞踊・水掛祭り(發水節)15:40から。
街の中心から南へ約1kmのところにあるテーマパーク。西双版納の少数民族のタイ族、ラフ族、ジノー族、ハニ族(アイニ族)、プーラン族、ヤオ族の展示館(民家を復元した物)がそれぞれあり、各展示館では民族衣装を着た女性が出迎えてくれる。水・土・祝日には民族舞踊や水掛祭り(發水節)のパフォーマンスを行っているが、オフシーズンは不定期なので注意。
S 曼听公園(春歎公園・Man Ting Gong Yuan): 曼听路1(3路バスで51元、徒歩だと20)T2124451入場料10(学割6)7:3019:00
曼听路を南に下ったところにあり、原生林の公園になっている。孔雀園があり、100羽以上の孔雀がいる。また、タイ族の音楽や舞踊が時間帯によって行われている。
12:30
-13:30音楽(太鼓)、舞踊13:30-14:20、水掛祭り14:30-15:00(發水節)参加可。
S その他、市内には花卉園(熱帯作物研究所)(10)や、天然薬物展示中心(センター)(無料)などが歩いていける距離にある。

近郊の見所
S 版納原始森林公園: (25) 市内から8kmのところには、熱帯雨林の原生林を見ることができる。バスは汽車客運站前から(8:30から2時間おき) Taxi30ほど
S 橄欖"土霸"(GanLanBa): ガンランパ、 メコン川沿いのタイ族の小さな町。街にはタイ族の高床式家屋が多く、椰子の木に囲まれて花が咲き、南国の雰囲気のあるところ。景洪からは孟力罕行き(バスは沢山ある、所要30-40 6)で行ける。
西双版納大橋からミニバスでも行ける。 12.6
宿:タイ(人べんに泰)家竹楼、
孟力(孟力で一字)罕鎮曼崗景村, T2410024 タイ族の高床式バンブーハウスにホームステイのように泊まることができる。レストラン有り。(6人ドミ)10
S 孟力混(Meng Hun): 景洪から南西へ約70kmの小さなタイ族の街だが、毎週日曜日のマーケットで有名で、周辺から少数民族(タイ族、アカ族、ラフ族など)が大勢やってくる。そこでアカ族のおばちゃんにお土産攻撃を受けること間違いなし。マーケットは午前中がメインなので、景洪を早朝(7:00にバスがある)に出て行くか、前日から泊まっておくかした方がよい。景洪から約2時間、打洛行きのバスで途中下車。マーケットの後は周りのタイ族の村落や仏教寺院を散歩するのもよい。
宿: 茂原旅社 d20 TV25鳳凰旅社 dr(2-3人部屋)5/
S "孟力"侖(Meng Lun): 景洪から東へ70kmの小さな街。ここの唯一の見所は「熱帯植物園」 入場料20元、学割10 園内はかなり広く、アジア、アフリカの貴重な熱帯植物を多数見ることができ、結構面白い。アクセス: 景洪からバスで約1時間半(10元)、孟力?行きのバスで途中下車
S 大"孟力"龍(Da Meng Long): 景洪から南へ60km、これと言って何かある訳でもないが、早朝のマーケットや2km手前にあるタイ式仏教の曼飛龍塔(仏塔)を訪れる人は多い。また、水掛祭り(4月中旬)の時にはここで人々が賑わう。
S 打洛(Da Luo):景洪の南西約135km。ミャンマー(緬甸)との国境の町。国境を第三国人は越えることはできない。イミグレからミャンマーの寺が見える。ミャンマー人、中国人は自由に国境を行き来している。ここ打洛の見所は、独樹成林と呼ばれるガジュマルの大木(樹齢900年)
S

"孟力"?(Meng La, モンラー):
景洪から南東約170km。そんなに大きな街ではないが、ラオス国境を通過する人にとっての中継点となる街。見所は無い。
望天樹: 空中走廊30。近郊のヤオ族の村にある空中走廊という熱帯樹林の樹冠につり橋を渡したもので、樹から樹へと渡り歩くことができる。

両替: 街には中国農業銀行があり、両替可。
イミグレ: 公安局外国人管理科はあるが、ビザ延長は不可
宿:  金象賓館;s/d 40 C3,
交通機関:
景洪までは約5時間 34。昆明までの直通(150)がある。Meng La汽車客運站から約26時間ぐらい。
詳細はモンラーのページで


日本語トップ | 中国TOP | 雲南情報 | 広西情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール