町の情報
中国、雲南、景洪(Jinghong)

Area Code 0691, $1=8.02, 2005729

日本語Top | 中国トップ | 雲南情報 | 景洪TOP | 掲示板 | Hot Info | 旅人の記憶 | ギャラリー |メール

i 観光案内所: ない。街中に旅行社があるが、どこも中国人団体客対象が多いのであまり役には立たない。観光情報は入手できる。
$ 中国銀行(Bank of China): 民航路1, -8:00-18:00 土日8:00-11:30, 15:00-18:00 キャッシュアドバンス手数料3%(VISA, Master, JCB, AMEX, Diners Club)ATMあり
現金 $1=8.0288元、100=6.9514元、TC $1=8.0937, 100=7.1822
$ 中国農業銀行(Agricultural Bank of China): 景洪東路15号(景洪飯店向かい), T21269032136319, 月-金8-20:00, 土日8-12:00, 15:30-18:00
$ 闇両替: 景洪では闇両替は無いようだ。ラオスへと抜ける人で、元が余ったらウドムサイの市場で両替してくれる。また、中国側の国境のモーハンでも可能だが、ラオス側の国境のボーデンの市場の方がレートはいい。
P 公安局: 景洪市公安局:景洪東路5
I 西双版納州公安局: 景徳東路 出入境管理課月-8:0011:30, 15:00-17:30 ビザ延長は1回のみ。1ヶ月160(日本人)ただし、国境で取得した2週間ビザの場合は延長不可 昆明や大理で延長可。
H 西双版納タイ族自治州人民医院: ?(GaRan)南路、T2123636 内科、外科、急診(24時間)がある。
H 西双版納州タイ医医院: 民航路、T2123632, タイ族の医療(漢方のようなもの)や中医での治療をしてくれる。
Hp 薬局: 景洪東路や景洪南路に沢山ある。
M0 郵電局(China Post):景洪西路1, T2133344, 8:00-20:30 国際郵便、EMSなど。日本へハガキ4.5元、手紙5(20g)
M1 郵電局(中国電信 China Telecom):景洪西路2号(郵政局の隣), T2124556, F2125218, 8:0023:00
国際電話可、コレクトコールも可。日本まで割引あり。
月-金の7-21:00-12元/分、月-金の21-24:00:20%off, 土日祝7-24:0020%off, 毎日0:00-7:0040%off
国際電話をかける際に200元のデポジットを預ける。
M3 版納客運站内: IP 電話があり、国際電話可、日本へ2.4/程度
その他、街中の公衆電話で先に10811を押すとKDDの交換手につながり(日本語)、コレクトコールやカードでの料金後払いができる。また、ダイレクトコールもIC(テレホンカード)で公衆電話からかけることができる。(11-12/)IPの方がICよりも安く(3/)かけることができる。
1C, 1P
ともにカードは30/50/100用あり。
市内には私設電話屋 IP超市」が多数ある。日本へ3.3-3.6/

市内の交通
B 市バス: 景洪の町は歩いて周ることができるが、民航切符売り場や民族風情園へは?蘭南路、景徳路を通る1路バスで行くことができる。(1元)
rb レンタル自転車: 版納賓館(T2123679)にて借りることができる。18元(デポジット200元)

ショッピング
m マーケット: 景洪で最も大きい市場は景洪北路の汽車客運站の向かいにある商貿市場。ミャンマーのものや日用雑貨、食料品などがある。その他、景徳西路の民航オフィスの横にも国営景洪農場市場がある。ここも結構大きく賑わっている。
c 土産物: 版納賓館近くの庄洪路?という通りが全てお土産物通りになっている。(民族工芸品市場)主にミャンマーの翡翠やタイ族、ハニ族、ジンポー族の服や布製カバン、布などがある。食品ではタイ族のお菓子やインスタントラーメンもある。
相場を以下に記すが、これは全て言い値なので交渉次第でもっと安くなる。
タイ族の衣装(女性物のサロン)2535元、
ハニ族のベスト
4560元、ビルマのカレン族の服2030元、ジノー族の布製肩掛けバッグ1620元、ビルマの布製肩掛けバッグ810元, タイ,ビルマの女性物サンダル1018元, 水タイ族の布40-120元, 旱タイ族のポシェット10元、旱タイ族の小袋40元、ジノー族のポシェット12元, ハニ族のポシェット25

その他、日用品などは景洪南路に行けばほとんど揃う。また、金鹿商業街(景洪南路)ではお茶や服、靴、楽器、飲食、カフェなどもある。
c 写真: 景洪東路、景洪南路に数軒ある。値段はどこも同じようなもの。現像料約3.5元、プリント約0.6元/枚
c ランドリーサービス: 美美Cafe: 景徳東路 ジーンズ8元、シャツ5元、Tシャツ4元、下着2その他、宿にもある。
ma マッサージ: 曼景蘭(曼听路)に数軒ある。
c コピー: 景洪東路の景咏飯店の向かいに数軒並んでいる。
c 本屋: 新華書店:景洪北路10号、月-水8:30-12, 14-18:00、木-日8:30-20:30 中国語の本が主。
c 本屋: 昆明新知景洪図書城: 景洪北路19号(天城大売場2階奥)、景洪最大の本屋、中国語教材やVCDが揃っている。

インターネット("口巴")
景洪でのインターネット事情はあまりよくない。日本語の使えるところも少ないし、スピードもあまり速いとは言えない。下記以外にも街中にインターネットの使えるところがあるが、日本語はできない。英語も通じない。
@ 縦横網"口巴": 金鹿東路(景徳路+景港南路), 8:00-24:00, 2-3元/時, 日本語可 お薦め
@ 中国電信西双版納郵電局:景洪西路2号, T2124556, F2125218, 8:0023:00, 3元/時, 日本語可、コンピューターは一台のみでスピードは時間帯によってはかなり遅い。
@ 寛帯:門絡: メコンカフェの下 2元/時 8, 9番台日本語可
@ Internet Plaza(?通网苑 LianYunWangYuan): 版納賓館の右隣 2元/時 日本語不可

ラオス(老?Lao)へ/ラオスから

国境の街は、?(Mo Han)、モンラー(MengLe)から約1.5-2時間。ウドムサイ行きの国際バスが出ている(モンラー参照)Mon Hanから乗車可火土9:00 (150)

景洪からモンラー: バス 便多数 最終17:30
モンラーに到着し、2km先のモーハン(国境)行きのミニワゴン発着所まで三輪車で2-5、このミニワゴン14、満員になり次第随時出発
Mo Hanには数軒の宿(天山賓館 T8811138, sb dr10元、ab TV s40)はあるが、小さな街で何もないのでモンラーで一泊するか、ラオスに抜けた方がよい。
国境のイミグレーションオープンは8:00-17:00まで。
ラオス側(Boten)のイミグレーションは中国時間8-12:00, 14-16:00中国時間は1時間早いので注意
中国のイミグレとラオスのイミグレ間は、約2kmあるので乗合トラックで。約5分、(3-5/5000kip)

ビザ: 国境でラオスのビザ取得可、15日ビザで$30/255。中国ビザも取得可2週間ビザで延長は景洪では不可 昆明/大理で可。

両替: Mo Hanの中国農業銀行、町の北の端 -8-11:30, 15-17:30 $1=8.02, 100=7.01
ラオス通貨へは国境のイミグレの前あたりで果物を売っているおばちゃん達が両替してくれる。1=1380kip, 1500k=1 ごまかされるので必ず数えること。
ラオス側のボーテンでは両替所があり、銀行レートで交換可 1=1290kip, また、中国元は、ラオスのウドムサイ、ルアンナムター、ムアンシンの市場でも両替可。ラオス北部の方が、中南部(ビエンチャンなど)よりもレートがよい。

ボーテンからのバス:
ウドムサイ行: 23,000Kip8:00, 11:00, 14:00) 4時間 8:00発はウドムサイでルアンパバン行に接続
ルアンナムター行:17,000Kip8:30, 14:00
万一、バスがない場合、国境のラオス側の売店で泊まることができる。ただ寝るだけであるが。15000kip


タイのチェンセンへ
貨物船/不定期線:
景洪又は関累の港からメコン川を下りタイのチェンセンへ
景洪から13-4時間、関累から10時間
キップは景洪の美美カフェで手配可能どちらから乗っても420
直接船長との交渉で安くはなる。350-420元 ただし中国語での交渉となる。出航直前にパスポートを預け出国手続きを行い、その後船内で公安の検査がある。船室は2段ベットで食事つき。夜間は運行しないために岸に停泊する。途中ビルマ、ラオスの3角地帯を通り、眺めがいい。チェンセンでタイの1ヶ月ビザは出る。
関累へは景洪からバスで6-7時間、途中、山越えもあり、かなり悪路。

日本語トップ | 中国TOP | 雲南情報 | 広西情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール