見所の情報
Sukhothai タイ

Area Code 055 $1=38B, 2006623

日本語トップ | タイ トップ | タイj国情報 | スコタイTOP | BBS | Hot Info | 旅人の記憶 | ギャラリー | メール

新スコタイ地図

スコタイ歴史地区(スコタイ旧市街)

新市街から12km 東。徒歩、自転車、バイクなどで簡単に回れる。
新市街からのアクセス:
大型のオ−プンバス。Charodwithithithong Rd.から毎10 15B, 6-18:00, 18:00以降はTaxiのみとなり、100B/人ぐらいとられるので注意。 Tuk-tuk 50-100B.
歴史地区内の交通機関: 歴史地区内の貸し自転車, 20B/
入り口:
以前は東側に設けられていたが、一時的かもしらないが北側へ移動された。しかしスコタイ新市街からくるバスは同じ東側の以前の門のところまでなので、入り口までは遠くバスをおり、旧入り口の前にある貸し自転車屋でバイクを借りて入り口へ行く方がいい。

歴史公園の中には多くの遺跡(寺院、パゴダ、仏像など)がきれいすぎるほどに整備された公園の中にオブジェのように点在している。
この他に、公園の北、西、東にはそれぞれ別の見所があり、それぞれ入場は有料となっている。

入場料
パス: 30日有効の切符で、スコタイ遺跡としサチャナライ遺跡、及び博物館などほとんどの有料地域への入場できるパス。歴史公園の入り口で購入できる。 150B
各地区又は各博物館への入場は一回限り。これらの地域へは個別の入場券も用意されている。各30-40B.
個別料金:
Sukhothai Historical Park(歴史公園) 中心部: 40B
Sukhothai Historical Park 北部/西部/東部 30B
Ramkhamhaeng National Museum(国立博物館): 30B
Sawanworanayok National Museum:
(Sukhothaiから51km) 30B
Sangkoloke Kikm Edcation & Preservation Center: 30B
Si Satchanalai Historical Park:
(Sukhothaiから55km) 40B
注意: ほとんどの仏像は東を向いているため、写真撮影は午前中がいい。 日中は非常に暑くなる。 徒歩で回るのであれば、十分な水をもっていくこと。
i 観光案内所: 歴史公園のバスストップから北へ1.5kmほどにある。無料の地図やパンフ類、スコタイの大きな模型などがある。スタッフは親切で質問に親切に答えてくれる(英語)。まずはここから始めるといい。
地図や簡単な情報だけなら、貸し自転車屋でも入手可能。
S10 ラムカムヘーン国立博物館: バスから降りて、新スコタイ方面へ戻る。遺跡から発掘された、数々の歴史の遺物を展示している。スコータイの歴史をより深く理解することが出来る。30B 閉鎖している場合があるので切符を購入する際に確認する方がいい。
S12 Wat Traphang Thong: 博物館の東側
S1 Ram Khom Kaeng King Monument:ラムカムヘーン大王の銅像。スコータイ王朝の最盛期を築いた、第3代国王。タイ文字の考案をはじめ、スワンカローク焼を作り出したり、スリランカより上部座像仏教を積極的に取り入れるなど、文化面でも大きな功績を残した。
S2 Wat Mahathat: (ワット・マハタート)城壁内のほぼ中央に位置する、最大の遺跡。13世紀スコータイ王朝の王室の寺院。スコータイ様式の仏塔をはじめ、数百に及ぶ塔や柱が今も残る。
S4 Wat Sri Sawai:(ワット・スィー・サワイ) the precedentの南.
12〜13世紀にクメール人によって建てられた、クメール様式のヒンドゥー寺院。クメールとスコータイの攻防の歴史を感じさせる。
S5 Wat Trapang Ngoen:
S6 Wat Sa Sri:(ワット・サー・スィー)城壁内ほぼ中央のRam Khom Kaeng王のモニュメントの西の島の中に建つスリランカ様式の寺院と仏陀の座像。池に映るその姿はとても美しい。
S8 Wat Chana Songkhram:
S9 Wat Mai:
S16 Wat Phra Phai Luang: (ワット・プラ・パイ・ルアン)
スコータイ最古のクメール様式の寺院。もとはクメール時代のヒンドゥー寺院であったが、スコータイ王朝期にはワット・マハタートに次いで格式の高い仏教寺院に改修された。
S17 Wat Sri Chum: (ワット・スィー・チュム)城壁の北西にあり、 高さ15mもの漆喰の仏像が、厚い壁に四方を囲まれて窮屈そうに座っている。厚い壁の中には、仏像の頭部の見える頂上へと続く階段がある。30B
S18 Wat Saphan Hin: 城壁の外、西側3 km200mの丘の上にある廃墟。スコータイの全体を見るにはとてもいい。 30B

Sri Satchanalai historical Park
Yom川の岸にあるもう一つの歴史公園。スコタイからは 60kmほど。日帰りで行ける。行ってみる価値あり。入場料 40B.
スコタイから直行便があれば40B, さもなくば一度乗り換えるが、車掌は心得ていて乗り換え場所を教えてくれる。(20B+20B?). 貸し自転車あり。30B

日本語トップ | タイTOP | タイ国情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール